FC2ブログ
バネ(2006年11月25日のブログ)
10月31日(土) 高く澄み渡る青空

※過去のブログを引っ張って来ていますが、ネタがないわけではありません…。
当時の記事を読み返し、今の自分との考えの整理をしています。

今日は少し長いですが、2006年11月の記事をアップします(^^)/


わたしは昨年暮れに今後3年間の自分に対するテーマを決めた。次の3年間で自分自身がどこまで成長できるか。成長していくか。この3年間で自分の考えの骨格をしっかり形成しよう、そう決めた。その最初の1年がもうすぐ終わる。

昨年からの教訓。エネルギーの集中の向きをうまくコントロールしなけらばならないこと。例えば昨年は大した事がないことに感情的にイライラしてしまうことが多々あった。冷静になってもいろいろと頭の中を巡り、そのイライラをズルズルと引きずってしまう。そのおかげですべてにやる気をなくしたり、自暴自棄に陥ることもあった。

これではダメだと思い、そのイライラの原因に向いていたエネルギーを違う方向に向けるようにした。パッと頭を切り替えて手元の作業に集中するとか、言われたことに対して「それもそうだな」と一旦納得をして
スルーしたりするようにした。その場でその都度「なんでそんなことを言われるのか」と考えると何も集中できなくなる。だから一旦横に置いといて、後で言われたことを振り返ってなぜそう言われたのかを冷静に考えるようにした。そして、原因を自分なりに考えもう言われないように行動を変えた。すると次第に相手の言い方が変わってきた。こちらの言い分も少し聞いてくれるようになってきた。結果的に互いに有意義な会話が行われるようになった。

確か経営組織論の中で学んだことであったと思うが、人は性格を変えれるか?という問いに対して「人は性格を変えることはできないが、行動は変えることができる」という話があった。

意図的に自分の行動を変化させていく。いつもイライラしている人は意図的に笑顔を作ってみたりする。積極的に自分を変化させていくようにしていきそれを繰り返して習慣化する。するといずれそれが自然に行えるようになる。

正直なところ、エネルギーの集中する向きを変えることによって自分が一番楽になった。しかも相手との関係が良好になったのだからこれはひとつ大きな成果だと思う。たまたまそういう結果になったのかもしれない。しかし、こうして行動を変えることによって周りの環境も変化するという貴重な経験を得たことはすごく自分にプラスになっている。

少しずつ少しずつ自分を鍛えていく。何事も教訓にしながらそれをバネにして飛躍する。ギュッと圧力をかけられたバネほど反発が強い。しかし、押さえつけれる時間が長すぎるとバネは威力をなくす。しょげてしまう。あるときある一定のところで爆発的な反発を生む。その圧力を撥ね退ける爆発的な力を自分はいま蓄えている。そういう風に捉えていくことで頑張っていけるんだと思う。
スポンサーサイト



[2020/10/31 18:54 ] | 経営・ビジネス | コメント(0) | トラックバック(0)
当たり前ではないということ。
10月30日(金) 快晴 やや肌寒い

「当たり前ではないということ」

あって当然、やってもらって当然、

ないと不満に感じ、やってもらえないと不満に感じる。

当たり前って怖いですねぇ…。

今週は社員の方々と面談する機会が多くありました。

健康面での相談も多くありました。

毎日働くということは決して当たり前のことではなく、

働ける体があるから、仕事が出来る。

毎日の食事、毎日の入浴、毎日の会話。

当たり前のようで当たり前ではない。

奇跡の連続であるということ。

ひとつひとつのことを「当たり前」ではなく、

「ありがたい」と感じることができれば、

もっと素晴らしい社会になるのではないでしょうか(^^♪

おかげさまで、今月もドライバーの皆さんの奮闘により、

たくさんの仕事をやりきることが出来ました!

ありがとうございます!

今年もあと2か月。

1日1日の無事故無違反の積み重ねで、

頑張っていきたいと思います(^_^)/




[2020/10/30 15:37 ] | 経営・ビジネス | コメント(0) | トラックバック(0)
航海(2006年11月6日のブログ)
10月29日(木)

「航海(2006年11月6日のブログ)」

※当時のブログから前半は省略しています(^^;)
前半は「モチベーション」についての新聞記事を見ての感想を書いていますが、
少し長いので割愛します...。



仕事に対してのモチベーション。実はわたしも結構波があります。

昔に比べて波の高さはマシになりましたが...。

この波はどんな人でもあると思います。

パッと浮かんだのですが仕事とか恋愛とか悩みとかいわゆる人生というのは「航海」に似ているのかもしれませんね。

航海に出発するとき(生まれたとき)はだいたいの人が家族やまわりの人に祝福され、喜びに満ち溢れているでしょう。

しかし最初は頼りになる船長(親)がいて、ある程度のところまでは連れて行ってくれるかもしれません。

航海が進むにつれ自らが船長となり自分ひとりでの航海が始まります。そのころになるとだんだんと波が高くなってくる。あらゆる波を受けながら目的地にむけて懸命に舵を取る。

毎日が晴天であれば視界も良好。方角さえ間違えなければ目的地に着くのも早い。しかし、そう簡単にいかない。雨が降り風が吹きしまいには台風まで発生する。船は大きく揺れ波に飲みこまれてしまいあえなく沈没...。想像しただけでも怖いですね...。

では沈没しないためにどうするか。

1.狂わない羅針盤を持つ(自分の哲学をもつ)。

2.波が小さいうちに船を大きく頑丈にしておく(いろんな経験をつんでおく)。

3.航海の途中で寄港できる場所を把握しておく(相談できる友人を持つ)。

4.そこで船を修復してもらう(休憩しゆっくりこれからのことを考える)。

5.食料を蓄え心身ともに充実させる(激励をもらいもう一度奮起する)。

6.目的地にたどり着く強い意志と執着心を持つ。


ざっと思い浮かぶものをあげてみました。他にもさまざま航海の方法はあると思います。


というわけでモチベーションの話からかなり飛躍してしまいましたが、こんなことを考えるのが好きです。
[2020/10/29 14:52 ] | 自分史 | コメント(0) | トラックバック(0)
なんて言われるか・・・。
10月28日(水)

「なんて言われるか・・・。」

何かを相手に伝えるとき、

「相手はどう思うかなぁ?」と考えると、

なかなか話を切り出せなかったりしませんか?

こう言うと嫌な思いをしないかな?

傷ついたりしないかな?

と、いろんな思いが頭をよぎります。

しかし!

言うべきとことは相手がどう思おうと、

「言い切る」というある種の「開きなおり」は、

必要かも知れません。

相手を思う気持ちそのものが相手を敬うことであり、

相手を大切にしたい感情の表れです。

そこまで考えているということは、

安易な言葉で傷つけることはないでしょうし、

相手の立場に立っての言葉になると思います。

勇気が必要な場面は多々ありますが、

誠実に、感謝の心を持って伝えれば、

必ず相手の心に響きます(^^)/

[2020/10/28 16:52 ] | 経営・ビジネス | コメント(0) | トラックバック(0)
災害に備える
10月27日(火)快晴

「災害に備える」

ここ数年、災害が多くなっています。

地震、台風、数年前は噴火がありました。

梅雨の時期に降る雨は、「線状降水帯」などの発生で、

災害級の大雨となっています。

皆さん、災害時の備えはしていますでしょうか?

いま当社では、災害が起きた時のために、

少しづつですが備蓄品等の準備を進めています。

保存水、非常食、スマホが充電できるラジオ、

懐中電灯や歯ブラシ、マスクに消毒液など。

災害発生時の連絡体制なども見直しをしています。

まだまだ不十分かもしれませんが、着々と進めていきます。

あと、シュミレーションとしてやっておきたいこと。

それは「災害伝言ダイヤル」の利用です。

今度、体験利用してみます。

NTT西日本 災害伝言ダイヤル体験利用のご案内
https://www.ntt-west.co.jp/dengon/taiken/






[2020/10/27 15:35 ] | 経営・ビジネス | コメント(0) | トラックバック(0)
だいこん、もう少し。
大根、まもなく


10月26日(月)

「だいこん、もう少し」

畑での一コマ。

8月に植えた、だいこん。

順調に育っています(^^)/

もう少しで収穫出来そうです!

この時期の畑では、バッタがよく飛んでいます。

小さいクモもたくさんいます。

クモは益虫なので、野菜を守ってくれます(^O^)

昨日は、最高の天候の中、汗をぬぐいながらの作業。

とっても楽しかったです!
[2020/10/26 18:18 ] | ささやき | コメント(0) | トラックバック(0)
ありがとう
10月24日(土)晴天 

「ありがとう」

ありがとう。

感謝します。

今日も無事故で帰ってきてくれてありがとう。

今日も健康でいてくれてありがとう。

美味しいご飯を作ってくれてありがとう。

話を聴いてくれてありがとう。

晴れの日も、雨の日も、ありがとう。

暑い日も、寒い日も、ありがとう。

今、自分が生きていられることが幸せです。

そう思える自分に、ありがとう。

「今週も頑張った!」と思える自分に、ありがとう。

ありがとうは魔法の言葉。

周りの人にも、自分にも、たくさん使ってみてください。

きっと、幸せな時間が訪れます。




[2020/10/24 18:08 ] | 自分史 | コメント(0) | トラックバック(0)
話を聴く
10月23日(金)

「話を聴く」

聞くと聴く。

何が違うのか、私なりの解釈は、

「聞く」は物理的に耳に音が入ってくること。

「聴く」は相手に関心を持って耳を傾けること。

と、思っています。

いま、人と話をしていて意識していることは、

その人の話に興味を持って、とにかく相手に話をしてもらうこと。

自分が話すよりも、話してもらう。

きちんと目を見て話をする。

うなずく、相づちをうつ、笑顔を見せる。

このようなことを意識的にするようにしています。

話が終わったときに相手の方から、

「ありがとうございました。」

と、言われることが増えた気がします(^^)/

[2020/10/23 18:30 ] | 経営・ビジネス | コメント(0) | トラックバック(0)
勇気の一歩(2007年2月1日のブログ)
10月22日(木)

2007年2月1日のブログです。

友人が新たな場所で、新たな生活を始めると聞き、

その友人へ向けた内容です(^^)


「新天地」

新天地での決意。新たな土地、新たな職場、新たな人間関係。自分の成長のため、夢のため。

新しいことをするときは必ず「勇気の一歩」が要る。

何かしら不安はある。しかし、不安を覆い隠すのは必ず「夢」である。

だから、最初に決意した「熱い想い」を大事にしたい。

原点。

原点を大切に。例えば、土台の弱い家はちょっとした揺れで傾むいてしまう。でも、土台がしっかりしている家は少々のことじゃ傾かない。根っこ。この部分が肝心である。

意志。

強い意志を持とう。自分を信じてみよう。いままで生きてきた人生だ。

まだまだ若い、経験がない、まだまだ人に語れるもんじゃない、という前に、「勇気の一歩」を踏み出した自分に自信を持とう。前進する!と決断したのはまぎれもない自分自身なのだから。

必ずやれる。人は苦難に立ち向かうことで強くなる。そう信じよう。

そして、分からないことがあれば素直な心で教えを乞う。

だから、決して怯まなくていい。胸を張って堂々と歩いていこう。

歩いた先に、強くなった自分が必ず待っている。
[2020/10/22 15:50 ] | 自分史 | コメント(0) | トラックバック(0)
感情をコントロール
10月21日(水)

「感情をコントロールする」

皆さんは、どのように自分の感情をコントロールしていますか?

イラッ!としたり、ムカッ!としたり(--;)

もちろん、嬉しい気持ち、楽しい気持ちもあると思います。

「怒り」の感情を抑えることって、難しくないですか?

そんなときに良い方法があります!

それは、

深呼吸して、

相手にぶつけたい言葉を、

頭の中に浮かべ、

それを言った自分の姿と、

言われた相手の姿を、

第三者的に見ていることをイメージする。

これ、多用してます(^^;)

たぶん思いのままに相手に感情をぶつけると、

良いことはひとつもないです、たぶん。

だから、一度、今の状況を俯瞰してみる。

すると、「おいおい、おまえ今それを言ったらダメだぞ。」と、

語り掛けることができます。

「俯瞰する技術」はとっても便利です。

ぜひ、「怒り」のシーンの時は、もう一人の自分を登場させてみてください\(^_^)/

※俯瞰(ふかん)
高いところから見下ろすこと。全体を上から見ること。
[2020/10/21 17:26 ] | ささやき | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>