FC2ブログ
挨拶の効用(2006年12月19日のブログ)
11月7日(土) にわか雨

※2006年12月19日のブログです!
あいさつはとっても大事なコミュニケーションです(^^♪.

「礼儀正しさに魅かれる」

挨拶で他を圧倒する人がいる。

お辞儀ひとつで、周りに感動を与える人がいる。

挨拶は「大きな声でハキハキと」とは、小学生のときに教えられた。

なにも馬鹿でかい声で挨拶をしろと言っている訳じゃない。

言語明瞭に、

丁寧に、

相手に気持ちを込めて、

笑顔で、

挨拶をすること。

そのような挨拶には、人の心をほぐす作用があるのではないか。

背筋正しくお辞儀をする人にも、誠実さを感じる。

挨拶・お辞儀は、相手に対する「誠実さ」をあらわすものだと思う。

「誠実さ」とは「丁寧さ」に置き換えることもできる。

きちんとした挨拶をしてくれる人は、実際の仕事の面でも丁寧に対応し
てくれるだろう、

と第一印象で感じることができる。

きちんとした挨拶が出来る人は、何よりも爽やかである。

そこには一点の曇りもない。

そんな人いない、という方もいると思うが、実際にわたしの知り合いにいる。

その人に会えば、変な言い方ではあるが「勇気」をもらえる。

さぞ厳しい人ではあるが、底辺には温かみがある。

だからみんなついてくる。

わたしもそれに習い、きちんとした挨拶を心がけている。

人間関係の第一歩。

それが挨拶。

そして、継続して良好な関係を築くのも、

その都度の挨拶である。

ひとつひとつの出会いを大切にするため、

これからも「丁寧な挨拶ができる礼儀正しい人間」を目指していきたい。

スポンサーサイト



[2020/11/07 13:37 ] | 経営・ビジネス | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |